rara K MODEL

新発明 K MODEL(ケーモデル)

新発明 K MODEL ケーモデル 小さな肩を荷重から守る“やさしい”肩ベルト新登場!

教材や文具、体操着なども収納できるように、ランドセルは大容量の時代。
“6年間を見据えた大きさを、1年生でも背負いやすく。”
その思いから、新しく肩に“やさしい”交換ベルトをプラスしました。
ソフトな生地素材とクッション性で小さな肩にかかる負担を軽減します。
カラーはオーダーメイドで選べる本体色に合わせた12色。
新開発 K MODEL(ケーモデル)だからできる
自宅でのカンタンなベルト交換で標準ベルトと取り換えできます。
※オーダーメード、セミオーダー(チョコレート、キャンディ)の
「大容量サイズ」(有料オプション)にのみ標準ベルトと交換ベルトが付きます。
交換ベルトは生地・糸ともにランドセル本体色と同色となりますので、
色はお選びいただけません。
ここスゴポイント

新発明 ケーモデルだからできる、新しいこと

「K」はカッコイイ、きれい、交換できる、画期的… たくさんの想いを込めて開発した K MODEL。
国内に自社工場を持ち、これまで20万以上を数えるお客様の声を聴いてきたララヤだからこそできた
まったく新しいランドセルの姿。 ここから、可能性がさらに広がります。

  • point1 簡単に取り換えられる「交換ベルト」

    ランドセルの背負い心地を左右するパーツが「背カン」です。
    ララヤは3年をかけてまったく新しい機構の背カンを開発し、従来は固定
    されている肩ベルトを、簡単に取り換えられる「交換ベルト」にしました。 外すときは対応するボタンをワンプッシュするだけ、
    付けるときは差し込んでカチッと音がしたら装着完了です。
    千差万別な体格に合う肩ベルトを選んだり、季節で取り換えたり。
    ワクワクするような「交換ベルト」が、今後、続々と登場する予定です。

    ここスゴぽいんと
  • point2 交換ベルト第一弾は、肩に“やさしい”ソフト素材

    教材の増加により、ランドセルの重さは平均で約3~4kgになります。まだ体の小さいお子さまには負荷も大きいはず。健康で美しい姿勢のためにもララヤは小さな肩を守りたいと考えています。 大容量化が進むランドセルと同時に、体格が大きく変化する6年間を改めて見直し新しく肩にやさしい交換ベルトをつくりました。 肩に感じる重さを軽減するデザインは、気持ちまで軽くなるようなカジュアルさも魅力です。

    ※大容量サイズには、標準ベルトと交換ベルトが付きます。
    交換ベルトは生地・糸ともランドセル本体色と同色になります。
    カラーはお選びいただけません。

    生 地
    やわらかな防水耐傷性ナイロン繊維
    芯 材
    クッション性のあるスポンジ
    ベルト
    負荷がかかる部分は丈夫な人工皮革
    安全性
    ライン反射材、防犯ブザーフック付き
    交換ベルト
  • 持ち手も取り外しできる

    持ち運びや、棚から引き出すときに活躍する持ち手。
    お子さまが背負うときや下ろすときのサポートにも便利に使えます。
    持ち手も取り外しができるので、お好みでどうぞ。

  • ロッカーにすっきり収納

    新しい背カンは肩ベルトの角度を段階調整でき、ペタンとたためばロッカーにもすっきり収納できます。
    ベルトが折れる心配がありません。背負うときには肩ベルトを立ち上げると、腕を入れやすくなります。

80%が楽ちん! 交換ベルトアンケート

重いランドセルを背負う小学生の腰痛は、いまや社会問題。
背負いやすさを追求し、少しでも姿勢への負荷を減らしたい
と考えています。新たにつくった交換ベルトは、肩に当たる
部分を柔らかい素材にすることで痛みを感じにくく、ラクラク
背負えるように設計しています。実際に子どもたちに試して
もらい、背負い心地のアンケートを実施。
約80%の子どもたちから、「楽ちん!」の回答をいただきました。

調査期間:2018年1月29日~2018年3月6日
調査対象:小学1年生~5年生(男子 233名、女子 251名) 当社実施

グラフ

子どもたちの健やかな成長のために

この10年間で教材の大きさや量が増え、通学時のランドセルは約35%重くなっていると言われます。
安全面から両手をフリーにする手ぶら通学の推奨もあり、ランドセルは少しずつ大きくなってきました。
通学時の平均重量は約3kg~4kgで、なんと2ℓのペットボトル2本分相当。
重い時は9kgにもなるようです。お子さまの健やかな成長に貢献できるように、ララヤは様々な視点から、
これからもよりよい商品を追求していきます。